アカデミック・カフェ&教科内容学会プロジェクト研究 2018.6.27

日頃の活動の発表をする機会が2つありました。

1つ目は、昨年サヴァティカル研修で行ってきたカッセル・ドクメンタとヴェネティア・ビエンナーレについて、学部のアカデミック・カフェで報告しました。
内容は、
「現代美術って何?-国際芸術祭から見る現代美術」と題して、
国際芸術祭の紹介を通して現代美術作品の様相を伝え、その作品成立の根拠としてのコンセプチュアルな理念や、インスタレーションなどの表現形式についての見方や考え方について発表しました。写真を多く使って、美術が専門でない参加者が、今まで捕えられていた美術の概念から解放され、美術による新しい世界の見方が広がるようにという意図です。
コーヒーを飲みながら、柔らかくでもアカデミックに。

2つ目は、名古屋で行われた教科内容学会でのプロジェクト研究の発表。
教科内容学(教員養成系大学の教科専門教員が、その専門内容を教育実践における教科内容として構成し、体系化すること)において、美術が対象とする内容や構造の意味とそれを知る方法を確定するし、そこから美術の教科内容の原理を導き出し、それを基にした授業実践例を発表しました。今回は、その認識論としての定義の共通構造案を提示し、各教科が同じ構造で定義することによって、教科間の特質の違いを見出すよう試みました。

アカデミック・カフェ報告
アカデミック・カフェ報告
アカデミック・カフェ報告
アカデミック・カフェ報告
教科内容学会でのプロジェクト研究発表
教科内容学会でのプロジェクト研究発表
教科内容学会でのプロジェクト研究発表
教科内容学会でのプロジェクト研究発表
教科内容学会でのプロジェクト研究発表
教科内容学会でのプロジェクト研究発表
教科内容学会でのプロジェクト研究発表
教科内容学会でのプロジェクト研究発表
教科内容学会でのプロジェクト研究発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
Copyright©2008-2020 Tomoo Arai All Rights Reserved.
E-mail:arai@edu.shimane-u.ac.jp