2021 個人的墓碑銘新着

若山 弦蔵(わかやま げんぞう)5月18日没 88歳

日本の声優、ラジオパーソナリティ、ナレーター。
独特な低音の声がものすごく素敵だった。ジェームズ・ボンドを演じるショーン・コネリー、スパイ大作戦のピーター・グレイブス、テリー・サバラス、リー・マーヴィンなどの吹き替え。
○ひょっこりひょうたん島の海賊ガラクータ。それからなんと言っても1968年からのTBSラジオ『パック・イン・ミュージック』。よく聴いた。

エリック・カール(Eric Carle)5月23日没 91歳 アメリカの絵本作家

自分で色をつけた紙を切抜き、貼りつけていくコラージュの手法が特徴。
『はらぺこあおむし』など。
○レオレオニとエリック・カールは美術形式の意味を汲んだ絵本作家として双璧。

ダニ・カラヴァン(Dani Karavan)5月29日没 90歳 イスラエルの彫刻家、環境芸術家

○確か20年ほど前に倉敷の児島寅次郎記念館で個展を見たのが始めて。2017年に奈良「室生山上公園芸術の森」の広大な環境作品を見た事が忘れられない。

ダニ・カラヴァン

B・J・トーマス(B.J.Thomas)5月29日没 78歳 アメリカのポピュラー歌手

1969年映画『明日に向って撃て!』の主題歌「雨にぬれても」(Raindrops Keep Fallin’ on My Head, バート・バカラック作曲)。1970年ビルボード・ホット100チャート1位。
○映画も曲もすばらしかった。

高橋 健二(たかはし けんじ)7月13日没 83歳

1962年-ジャッキー吉川とブルー・コメッツのベーシスト
○中学生の頃よく聴いていたブルー・コメッツの曲-青い渚、青い瞳、北国の恋人、マリアの泉

クリスチャン・ボルタンスキー(仏: Christian Boltanski)7月14日没 76歳

フランスの現代アーティスト。
○最初に見たのは2003年の越後妻有大地の芸術祭の「夏の旅」。すごかった。それから2016年の東京都庭園美術館で「アニミタス-さざめく亡霊たち」、2019年国立国際美術館での大回顧展「 Lifetime」など。彼の作品の一つに彼が今まで生きてきた時間を秒数としてカウントしている赤いネオン管の作品がある。その数字は、彼の死とともに止まる事になっているけど、いくつで・・・。パートナーがアネット・メサジェだったのは始めて知った。でもうなずける。

ボルタンスキー

高橋 三千綱(たかはしみちつな)8月17日没 73歳 作家

1974年 「退屈しのぎ」で第17回群像新人文学賞受賞
1978年 「九月の空」で第79回芥川賞受賞
他、「シスコで語ろう」1971年、「グッドラック」1977年
○どの作品も青春の書として素晴らしかった。

高橋 三千綱

ジャン=ポール・ベルモンド(Jean-Paul Belmondo)9月6日没 88歳 フランスの俳優

主な主演作品 『勝手にしやがれ』(ジャン=リュック・ゴダール監督)、『暗くなるまでこの恋を』『ボルサリーノ』
○中学の頃映画好きの友人とよく高崎の映画館に行っていて、そこで見ていた映画によく出ていた。顔に特徴があってすぐに覚えた。アラン・ドロン作品もよく見たけど、顔は対照的なのに、なぜかかっこよかった。

大久保 一久(おおくぼ かずひさ)9月12日没 71歳 ミュージシャン、フォークシンガー

1973年―75年フォークグループ「猫」1975年―79年伊勢正三とのフォークデュオ「風」
主な楽曲 「あの歌はもう歌わないのですか」「海岸通り」「22歳の別れ」
○喜多條 忠もそうだけど、ちょうど大学生の頃。よく聴いた。

白土 三平(しらと さんぺい)10月8日没 89歳 漫画家

『忍者武芸帳 影丸伝』『サスケ』『カムイ伝』他
「忍者武芸帳」や「サスケ」は貸本屋の単行本で読んだ。連載で読んでいたのは少年マガジンの「ワタリ」と少年サンデーの「カムイ外伝」で、毎週発売日が待ち遠しかった。1967年頃。切れ味鋭いタッチで描かれた白土の絵は宝石のように輝いていて、毎日のようにまねをして描いていた。また1964年にテレビで白土原作の「少年忍者 風のフジ丸」が始まったときのウキウキ感はいまだに忘れられない。

瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう)11月9日没 小説家、天台宗の尼僧。俗名:晴美(はるみ)。

○その波瀾万丈の生き方や尼僧としてのありがたい言葉が話題だが、私にとっては小説家としての瀬戸内がいればそれでいい。
「ここ過ぎて」や「かの子繚乱」など一連の史実もの。取材に基づきながらそこに込めた物語性が鮮やかで、700ページくらいあっても読み切るのが惜しくなるほど面白い。「求愛」や「わかれ」などの短編類は妖艶。言葉の密度が半端なく、深く官能的なイメージの世界に誘われる。近年の「死に支度」「命」などは軽妙ながらも、小説としての構造と内実を失っていない。決して軽い読み物などではない。根っからの小説家。

瀬戸内 寂聴

喜多條 忠(きたじょう まこと)11月22日没 74歳 作詞家

主なヒット曲  かぐや姫「神田川」「赤ちょうちん」「妹」
○かぐや姫の作詞家として有名だが、私の好きなのは、アグネス・チャン(後に柏原よしえ)「ハロー・グッドバイ」、梓みちよ「メランコリー」、キャンディーズ「アン・ドゥ・トロワ」、中村雅俊「いつか街で会ったなら」、吉田拓郎「風の街」

新井 満(あらい まん)12月3日没 75歳 著作家、作詞作曲家、歌手

歌手として 1977年(昭和52年)『ワインカラーのときめき』
作家として1987年(昭和62年)、『ヴェクサシオン』第9回野間文芸新人賞受賞。
1988年(昭和63年)『尋ね人の時間』で第99回芥川賞受賞。
作詞作曲家として『千の風になって』を作曲。
○当時、強い主張をしない環境音楽風の小説として注目した。

マイク・ネスミス(Mike Nesmith)12月10日没 78歳

アメリカ合衆国のミュージシャン。ザ・モンキーズのメンバー、ギターとヴォーカルを担当。
他のメンバーでは、デイビー・ジョーンズ:(Davy Jones)は2012年2月、ピーター・トーク (Peter Tork)は2019年2月に亡くなっている。
主なヒット曲 1966年『恋の終列車』1967年『アイム・ア・ビリーバー』
○1968年最初に買った洋楽レコードが「D・W・ウォッシュバーン」だった。(「すてきなヴァレリ」だったかもしれない。)『ザ・モンキーズ・ショー』は音楽バラエティ+シットコムとして最高に面白かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
Copyright©2008-2020 Tomoo Arai All Rights Reserved.
E-mail:arai@edu.shimane-u.ac.jp